山形あのね

MAGAZINE

山形すきだ’s
山形すきだ’s

脱忙しい日々、甘味処桜寿庵 

こんにちは!山形すきだ’sの菊地聡太です。
天童駅から車で10分ほど、かなりの勾配を進んだ先にある甘味処桜樹庵に行ってきました。こちらのお店は山に囲まれた自然の中にあります。結構な山奥にあるにもかかわらず、多くの若い方が訪れるとか・・・

店主のこだわりが詰まった甘味処桜寿庵

お店は、3世代同居をしていた僕でさえも「THE祖父母の家」のような安心感を感じてしまうほど落ち着いた空間です。大自然の中の日本式建築で、忙しい日々から解放され、ゆっくりすることができました。

店主のこだわり

お店の主なメニューは、ドリンク、かき氷、小さくてかわいい白玉です。そして、なんといってもおすすめなのは「氣もち」です!桜寿庵さんは午前中はお蕎麦屋さん「松寿庵」として営業されており、氣もちはその時間帯から食べることができます。氣もちはもちもち生麩でずんだを包んだ饅頭で、ふんわりもちっとした食感がたまらないです。

氣もち

お店が休みの際には、店主自らが京都に足を運び、カフェ巡りをするそうです。桜寿庵のメニューは、そこで食べたものや見たものを参考に考えているのだと教えていただきました。また、かき氷を削るのは、店主と店主から氷削りを伝授された方の“2人だけ”です。かき氷には、山形の純水を使って作られた氷を使用し、全国各地から取り寄せられた素材や山形県産の原料からつくられた白玉をトッピングしています。地産地消やAll made in YAMAGATAを大切にする店主のこだわりが詰まっていることがよくわかりました。そんな店主が手塩にかけ作った甘味の中でも特に人気なのが、全種類の白玉の餡が楽しめる「さくら」というメニューです。かき氷の中では、いちご味と抹茶味が人気です。僕は「さくら」と「いちご味のかき氷」、「氣もち」をいただきました。

白玉「さくら」
抹茶味のかき氷

気になるかき氷の味は?

いちご味のかき氷

これでもかというくらいにいちごソースがかかったかき氷は、とてもふわふわしていました。「ウッヒョー」と叫んでしまいそうなくらい、かき氷の上に乗った白玉が非常にもちもちしていました。しっかりといちごの粒が残った濃厚なソースが氷とマッチしていて、とても美味しかったです。口に入れた瞬間、溶けてしまうかき氷でしたので、テスト3日前の疲れた男子高校生の体を癒してくれました。最初に運ばれてきた時、非常に大きいサイズだなという印象を受けましたが、冷たいものを食べた時特有の頭痛が全く起きなかったので、止まることなく、最後まで美味しく食べることができました。また、かき氷の見た目がすごく可愛かったので、思わず写真を撮ってしまいました。
そして、氣もちはずんだ味の優しい甘さが口いっぱいに広がりました。素材の味を生かした甘さ控えめで、サクッと食べれる味なので、甘いものが苦手な方にもおすすめです。とても美味しかったです。

さいごに

季節によってメニューも異なり、夏にはかき氷、冬には注文後に作られる出来立てのわらび餅を食べることができます。バス停や駅からは少し離れたところにあるので、車で行くのがおすすめです!忙しくて祖父母と話す機会がないというときは、「一緒に行かない?」と誘って、普段できない話をしながらゆっくり過ごすのもいいかもしれません。僕のように、日々の学校生活で疲れている人には特におすすめしたいです!実際に店舗に伺ったのはテスト直前の週末でしたが、心も体もリセットされ、いいリフレッシュになり、テストも無事に終えることができました!
皆さんもぜひ行ってみてください!

◾️ 店舗情報「桜寿庵」
最新情報はこちらから
Instagram:https://www.instagram.com/ouzyuan.yamagata/

この記事のアンバサダー

菊地 聡太(山形すきだ’s)

AMVASSADOR INFO
この記事をシェア!
Page Top