山形あのね

MAGAZINE

TEAM リバー
TEAM リバー

地元から愛される老舗居酒屋「共和」
〜創業70年の山形の味とは~

こんにちは! 東京在住・やまがた魅力発信アンバサダーの阿部拳太です。今回は、私の地元である新庄市の居酒屋「共和」をご紹介します。山形の食材をふんだんに使い、季節の味覚を存分に堪能できるおすすめの料理店です。創業以来、地域の方々に愛され続けているその味と魅力に迫りました。

地域と共に在り続ける憩いの場

共和がこの地に誕生したのは約70年前の昭和中期。小野さんのお母様が創業しその後、現・店主の小野さんが後を継ぎました。「昔はこの地域で働く大人たちの憩いの場として盛り上がっていました。地域の子供会に使っていただくことも多かったですね。その頃にお母さんと一緒に来ていた小さな子供たちが大人になってこの店をまた訪れてくれることもあるんですよ」
少子高齢化が進み時代と共に地域のつながりが薄れていく今、「地域の憩いの場であり続け、人と人とのつながりを大切にできる場所にしたい」と小野さんは願います。

絶品! 山形の旬を味わうおすすめコース

居酒屋共和では、山形の食材をふんだんに使った郷土料理や季節の味覚を楽しむことができます。その時期にしか味わうことのできない料理は、どれも美味しそうで選びきれません!

今回は、秋の山形の食材をふんだんに使ったコース料理をいただきました。メニューは「栗の炊き込みご飯」「芋煮」「鰤の煮魚」「菊の酢の物」「きゅうりの漬物」「4種のお刺身」「鶏皮」の7品。山形県のおいしい日本酒とともに秋の味覚を存分に味わいました!
実は私、このお店を訪れたのは初めてではありません。名物の鶏皮と鰤の煮魚はこれまでにも食べたこともあって、本当に癖になる味でおすすめです。鰤は臭みがなく、身はホクホク。鶏皮はネギの食感と旨みが調和していて、箸が止まらなくなります! 鶏皮はテイクアウトも行っていて、多い時には5kg以上も注文が入ることもあるんだそう。

知ってる? 山形の美酒美食

ところでみなさんは、山形を代表する郷土料理をご存知ですか?  山形といえば「玉こんにゃく」「納豆汁」「寒鱈汁」。ほかにもたくさんありますが、中でも最も有名なのは「芋煮」でしょう。毎年秋には日本一の芋煮会イベントが行われ、直径6.5メートルの鍋にクレーンで芋煮を作るシーンはとても見ごたえがありますが、ここ最上の芋煮はきのこがたっぷり入っていて、他の地域よりきのこの種類が豊富なのが特徴です。お店で試してみては?
また、山形県は「美酒県」で有名で、おいしいお酒がたくさんあります。共和でもいろいろな山形のお酒が楽しめますが、なかでも最上地域の地酒「花羽陽 大吟醸 絹」がおすすめです!おいしい料理とともに味わってみてください。時期によっては希少な銘柄が入ることもあるそうです! 

今必要なのは「人と人のつながり」

山形は果物の名産地として全国的に知られていますが、そのほかにも鮎や鱈といった魚、山菜類、米など自慢の食べ物がたくさんあります。小野さんの目標は、そんな山形自慢の素材と郷土の味を多くの人に知ってもらい、山形の良さを広げていくこと。そしていつでもどんな時でも地域の人たちの「帰ってこれる場所」であり続けたいと力強く語ります。小野さんの話を聞いているうちに、新庄に住んでた頃(高校時代)に地域の人のあたたかさに何度も救われたことを思い出しました。人と人との関わりが減っている今だからこそ、このような場所で集まってみんなで食卓を囲む温かさが必要なのではないでしょうか。自分も地域の方々とのつながりを絶やさず、あたたかい町をつくっていきたいなと感じました。

地域をつなぐお店・共和で山形の郷土の味覚を是非!

 たくさんの地域の方々に愛され、70年の歴史を誇る居酒屋共和。山形のおいしいお酒と郷土料理を楽しむことができる素敵なお店で、秋の味覚を存分に味わいました。是非みなさんも新庄に来た際はお立ち寄りください ♪

真ん中:居酒屋共和の店主の小野正夫さん

【店舗情報】居酒屋共和
住所:山形県新庄市大手町4-13
お問い合わせ:0233-22-4529
席数:カウンター10席、大部屋・小部屋各1室

 

この記事のアンバサダー

阿部 拳太(TEAM リバー)

AMVASSADOR INFO
この記事をシェア!
Page Top